VIVA LA ROCK 2018

MESSAGE

2017.09.15

来年2018年のビバラは、記念すべき5回目の開催となります。
フェスカルチャーの中では正直新参者のフェスですし、10回、20回を迎えるフェスも増えてきた中で何を舞い上がってるんだ?という意見もあるでしょうが、埼玉県に根づいたフェスを生み出せたことと、ここまでこんなにも楽しくやってこれたこと、そして最高のロックファンと一緒にあり得ないほど遊び狂ったことを素直に喜びながら、それを超える最高の2018年のビバラを生み出すためにも、5回目の開催に向けてスペシャルな気持ちで臨もうと思っています。

今年も「埼玉超先行割引チケット」を販売します。(受付は終了しました。ありがとうございました!)これは埼玉県内在住者のみへのサービスです。出演アーティストを発表する前から、3日通し券のみを、さらにリーズナブルな価格で、しかもスペシャルな特典つきで限定数販売するものです。
今年のスペシャル特典はビバラに新しく設置する「room SAITAMA」への入場特典です。なんじゃそりゃ!?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、これは「埼玉県内在住者専用のVIP ROOM」のようなものです。フェス期間中、この「room SAITAMA」でビバラと一緒に埼玉を堪能しませんか? 埼玉県に住んでいるのに埼玉づくしの部屋で楽しめって言われてもと思うかもしれませんが、いやいや、ビバラの埼玉推しは間違いなく徹底してますから、一緒に埼玉宴会をしましょう!! 9月15日より、まずは2018年への最初のチケット、「埼玉超先行割引」、販売始めます!

新しいロゴができあがりました。
2017年はヒップホップとストリートカルチャーに根ざしたグラフィティのロゴでしたが、2018年はカラフルで心の中が鮮やかに広がるような気持ちになる、このロゴです! 実はバックボーンに、ある名作があります。それは『はらぺこあおむし』と『うたが みえる きこえるよ』という絵本です。子供や家族連れまでが楽しめるロックフェス、みんなの音楽の入り口になりたいと願うビバラの夢と目標を2018年はこのロゴに託し、ビバラのデザイナーが描き上げました。

そして、3年ぶりに「KICK OFF VIVA!!!」が復活します。これはビバラ開催までのカウントダウン・ライヴパーティであると共に、春のビバラまで待てないという気持ちをみんなで楽しみ合うロック祭です。
まずは11月12日(日)に、ビバラの地元埼玉は北浦和の名物ライヴハウス「KYARA」にて行います。「まずは」と書いたのには理由があります。VIVA LA ROCK 2018へのカウントダウンである今回の「KICK OFF VIVA!!!」は、複数開催になるからです。次回は来年1月、そしてその次は――――楽しみに待って、そして一緒に素晴らしいロックと共に遊んでください。「KYARA」のラインナップは、10月の頭までには発表します。どうぞよろしくお願いします。

今回のビバラも例年通りのゴールデンウィーク5月3日から5日までの3日間開催です。次回の告知では出演アーティスト第1弾発表とチケット先行販売をアナウンスすることになると思います。ちなみに2018年のビバラは「小学生以下の方の入場を、保護者1名につき1名無料」にします。これは家族でビバラとロックをもっと楽しんで欲しいという願いと、子供の頃からロックの面白さを体感して欲しいという願いによるものです。キッズのみんな、このサービスを奮ってご利用ください。また、今回のビバラもチケットキャンセルシステムを導入しますが、埼玉超先行だけは意味合いが異なるので実施しません。ご理解ください。

埼玉とロックをとことん活性化させ、最高のロックファンにシーンを委ねるためのロックフェス、「VIVA LA ROCK 2018」。この瞬間から始まります!!! よろしくお願いします。

鹿野 淳(VIVA LA ROCKプロデューサー)

  1. 2017.11.12
  2. 2017.09.15